特許申請中

海水整水装置GP−3

魚貝類の活出荷用殺菌・活性化装置
  活魚貝類の出荷前の蓄養殺菌が広く行われるようになってきましたが、現場の漁師、加工場さんからは蓄養後に味が変わった、出荷後の日持ちが悪い、蓄養中に死ぬ、などの話を度々聞くことがあります。これは現在販売されている殺菌装置が、生きたものを対象にした殺菌ではなく、蓄養時間が長くなると魚貝類が弱ってしまい、その為に起きていると考えられます。せっかくの活出荷が逆に鮮度を落として出荷という事にもなります。
   
「GPシリーズはこの問題点を重点に考えています!」
GP−3
GP−3
本機は1台で3つの運転が可能
1. 紫外線殺菌プラス  酸素補給(空気)
蓄養タンクの、海水の殺菌と酸素補給を連続的に行う
2. 紫外線殺菌プラス  オゾン補給(高酸素)
魚貝類を入れる前に(夜間など)水槽に高酸素殺菌海水を作る時や、出荷時の洗浄水として
3. 紫外線殺菌プラス オゾン・空気の交互運転
活貝出荷前に活性化と殺菌をする場合

HOME/ほたてだより/海のページ/前のページ/次のページ